駒村農園

8月収穫予定の果物

☆7月時報も同日に作成しました。よろしければそちらもご覧ください。

8月に入り、収穫できる果物が少しずつ出てきました。

◎りんご【夏あかり・つがる】

写真は「夏あかり」です。農園のりんごで一番早く収穫をむかえる品種です。
小玉種なので玉は小さめですが、甘みもしっかりあり、きれいな色が着くのでこの時期に貴重な品種です。
「夏あかり」は8月上旬の収穫。

お盆頃~下旬にかけて「つがる」が収穫になります。(まだ真っ青なので写真は後日…)
夏りんごの定番品種ですが、近年の気候変動の影響か、真っ赤に色づく…というのが難しくなってきています。
それでも完熟が近づくと線状に着色してきますので、それを目安に収穫を始めます。(当農園ではお盆過ぎころから)
「つがる」ならではの“酸味”と独特な“青みのある風味”が特徴で、歴史のある品種ですが根強い人気があります。


◎プルーン【サンタス・くらしま早生】

夏の果物として認知度がだいぶ上がってきていますね。
あまり詳しくはありませんが、健康に良い成分が多く含まれているとか…

8月上旬から「サンタス」
写真のものです。
甘みはもちろんですが酸味・渋味がしっかりと感じられる“The プルーン”といった食味が特徴です。
記事更新日の翌日(8/2)より収穫を開始します。試食しましたが、大変おいしく出来上がっていました!

中旬頃から「くらしま早生」
農園のある地域の農家さんが開発した品種だそうです。
こちらは甘みがより強く、サンタスと比べると食べやすい品種かと思います。
果肉が鮮やかな黄色で非常にきれいです。

※プルーンは収穫の期間が数日と短いので、ご注文のタイミングに近いほうの品種をお送りいたします。


夏の果物全般に言えることなのですが、暑い時期の果物は日持ちが悪く、収穫適期が短いので大量生産が難しい傾向にあります。
当農園も夏りんご・プルーン共に少量生産ですので、ご注文のタイミングによっては収穫が終了している可能性もあります。
予めご了承の上、余裕をもってのご注文をお願い致します。
また、日持ちが良くありませんので、到着後はできるだけ早めにお召し上がりください。
(“多めに注文しておいて少しずつ食べる”というのは夏の果物に限ってはおすすめできません)

信州りんご 無農薬野菜 駒村農園