駒村農園

ゴールド収穫中・蜜入り珍品種

地元で開催されるマラソン大会の催し物として農産物の直売会に参加してきました。
おかげさまで完売となり、マラソン大会としても、駒村農園としても大盛況となりました。

ただ、直売会の準備等で農園だよりの更新が滞っておりました。
収穫が始まった品種、終わってしまった品種等がこのタイミングで重なってしまったので、併せてご紹介します。


現在収穫中のシナノゴールド。りんご三兄弟の末っ子になります。
黄色いりんごの認知度って県外だとどのくらいなんでしょうか?
地元ではサンふじに次ぐ人気の品種に成長してきたように感じます。(園主の主観ですが)

外見は言わずもがな。果肉はクリーム色で硬めの肉質。味は濃厚で酸味がやや強め。
歯ごたえも味もしっかりとした品種です。


このゴールドと同じくらいの時期に収穫できるちょっと珍しい「蜜入りりんご」があります。


1つ目は「あいかのかおり」
収穫はほぼ終わってしまいましたが、在庫分が家庭用に入れられるかと思います。
蜜も相まって甘みが強く、やや柔らかの果肉で食べやすい品種です。
マイナーな品種ですが段々と人気が上がってきており、当農園でも絶賛育成中です。
サンふじに並ぶ蜜入りりんごになるのでは…と期待しているりんごです。


2つ目が「シナノホッペ」
赤色が非常に鮮やかで、着色の良い比較的新しい品種です。
蜜はわずかですが入り、やや固めの食感です。
ただ、ちょっと問題があり、このりんごは形があまり良くありません。
縦につぶれた様に扁平しており、秀品としてお出しするには少々難があります。
家庭用りんごの戦力として少量生産していこうかな…といった現状です。
コチラも収穫はほぼ終了。在庫分から家庭用に少しずつ使っていきます。

11月に入り、いよいよサンふじの収穫が近づいてきました。
蜜をたっぷり入れるため、早採りはせず、出来る限りゆっくり収穫していく方針です。
以降は雪との勝負、天気予報とにらめっこの日々はまだまだ続きそうです…

信州りんご 無農薬野菜 駒村農園